方針 POLICY


まず共感を◆

ナナッテでは生徒が想定外の答えをした場合でも、教師は共鳴・共感を心がけています。生徒と教師、双方にとってプラスになるからです。

生徒にとっては、その理由・意図を教師に説明することで表現力が高まります。また、自分が認められたという実感が得られるので、自己肯定感が高まります。すると学習意欲も高まります。

教師にとっては、生徒と対話を交わすことで信頼関係を築け、授業運営がスムーズになります。また、新しい指導法を見つけるチャンスにもなります。

柔軟な対応◆

ナナッテには定休日がなく、固定の時間枠もないので、スケジュールを柔軟に組むことができます。試験前に臨時に授業を増やすことも可能です。

また、お仕着せのカリキュラムもないので、生徒一人ひとりの授業内容を柔軟に決めることができます。

もちろん、授業運営も柔軟です。生徒の学力や目的の変化に応じて指導方針,プログラム…などを修正・変更しています。教材を譲渡(販売)ではなく、貸与としているのもその一環。より良い授業のために取り換えを容易にするためです。

アドバイスは具体的に◆

「頑張りなさい」「やればできる」…等あいまいで漠然としたアドバイスでは効果がないばかりか、かえって害になることも。

「注意深く読みなさい」「字を丁寧に書きなさい」も同様です。どうすれば深く読み取ることができるのか、どうすれば丁寧に書けるのか…具体策を提示しなければ改善は期待できません。

ナナッテは、教材の読み方、ノートの使い方…など学習上のテクニックはもちろん、「やる気の出し方」「ミスの防ぎ方」など抽象的なテーマにも具体的な対応策をアドバイスしています。