個別指導・個人指導

プログラム program



ナナッテの授業には、経験に基づくノウハウと工夫を凝らしたプログラムが盛り込まれています。その一部をご紹介しますと・


表現力の強化◆◆

センター試験にかわる試験のサンプルとして示されたのは、交通事故に関する資料から自説・持論を述べるという問題でした。そこでは、論点・問題点を抽出して、自説・持論を展開することが求められています。これに対するナナッテの強化策としては;

情報抽出と言語化◆
グラフ、統計、写真、動画…といった文字に依存しない教材を扱います。教材を観察して、対象は何か、何を伝えているか、問題点は何か…といったことを文字・言葉にするトレーニングです。情報を抽出する能力が高まり、鋭い問題意識を示すことが可能になります。

対話と議論◆
高得点を狙うには、鋭い問題意識を披露して、説得力のある自説・持論を展開できるかがポイント。その強化策の一つが対話の重視です。日常会話はノリで通じますが、入試では必要な情報が満たされていないと通じません。出題者との対話が求められるのです。ナナッテでは授業時間中キチンとした対話が成り立つように誘導しています。また、ニュースを題材に感想や意見を交わすことで議論・ディベートのトレーニングも行います。最初は固まっている生徒も、教師がファシリテートしますので、説得力のある自説・持論を述べ、書くことが可能になります。



「受験生体操」◆◆

血流を上げて脳細胞を活性化するのを主たる目的とする体操です。

近年の研究で腹横筋(ふくおうきん)などインナーマッスルの強化は、体力向上はもちろん、脳細胞の活性化にも寄与することがわかってきました。

しかし、通常のいわゆる筋トレではアウターマッスルを鍛えることができても、インナーマッスルを鍛えるのは難しいとされます。また、負荷をかけるので、長続きしないという傾向も。
そこで、独自に「受験生体操」を開発するに至りました。楽にできる、短時間でできる…を特徴としていますので、長く続けることが可能です。

体幹を鍛えることにもなるので体力の向上も期待でき、さらに猫背を予防することができ、姿勢もよくなります。面接試験の対策としても有効といえます。


メンタルケア◆◆


受験を成功させるには精神面のケアが欠かせません。やる気が出ない、集中力が持続しない、自信がない……といった諸問題を解決するプログラムです。

その中核は、自信の形成。ビクビクしながら解くようでは解ける問題さえも取りこぼしてしまうおそれがあります。とはいえ、実力が伴わない空元気ならぬ「空自信」では高得点はムリ。真の自信が得られるよう導きます。

清々しい気持ちで、あるいは泰然自若として試験に臨めるようになります。



※具体的な内容は体験授業でお確かめください。







ナナッテ

〒880-0805
宮崎市 橘通東 4丁目 10-27
(カリーノ宮崎前)
TEL 0985-69-5985