塾の門を叩く前に


行動パターンを工夫するだけでも、学力は向上します。例えば;

娯楽編◆◆

アウトドア活動◆

外で活動することにはたくさんのメリットがあります。健康増進はもちろん、人格形成にも大きく寄与します。まず自然に身を浸せば、感性も豊かになります。またキャンプ、ボーイスカウト活動では人と交わるのでコミュニケーション能力も高まります。何よりも非日常性が刺激となり脳トレになります。

ボードゲームで遊ぶ◆

将棋、チェス、オセロ……などのボードゲームは魅力が満載です。脳細胞をフルに使うので脳トレとして最適といえます。また、決まりにそって次の段階に進むので算数・数学をはじめ手続きを重視する科目の基礎的なトレーニングともなります。相手が必要なので、コミュニケーション能力が高まるのは言うまでもありません。

音楽に親しむ◆

歌う、楽器を弾く…といった音楽活動も有益です。二つの作業を同時に行うことをデュアルタスクといい、脳トレとして有効です。典型例が歌うこと。言語系の左脳と芸術系の右脳を同時に活動させるからです。理想的なのは弾き語り(演奏しながら歌うこと)ですが、カラオケで歌うことも立派なデュアルタスクです。ところで、楽器は日々練習に励むことで上手になるのですが、この努力の成果を実感することは勉強にも通じます。

生活編◆◆

自力で起きる◆

勉強は社会に出て自立した生活を送るための準備です。逆を言えば、自立した社会人になる準備ができれば学力も自然に上がります。ここで自立とは親離れのこと。自分自身をコントロールできれば自立しているといえます。例えば、起床。家族を頼らないで起きられるかの問題です。「もっと眠っていたい」という欲望に打ち克つことができれば自立の証なのです。

家の手伝いをする◆

家事は頭脳労働であり、学力に必要な要素がふんだんに含まれています。料理、掃除、洗濯……どれをとっても観察力、判断力、想像力などを必要とします。例えば、料理。完成を想像して、具材の状態を観察し、火加減を判断する……という具合です。

振り返る◆

「成績アップ!まずは靴を揃える習慣から」という記事があります。「靴を揃える」のように自分の行為を振り返ることは学力の向上に欠かせません。自己の行動を客観的に観察し修正することができるからです。席を離れる時、自宅を出る時に……行動の節目に振り返りましょう。すると、ミスが減るのはもちろん、忘れものも減ります。


「外堀」編◆◆

新聞をめくる◆

先述したように、勉強は社会に出るための準備です。逆説的に言えば、社会の動きに関心が高い人は勉強も上手といえます。現に、新聞を読む子供は学力テストの正答率が高いとの調査結果もあります。とはいえ、いきなり新聞を読みなさいと助言しても、なかなか実行できないかも。まずは、触れることから始めましょう。ただページを繰るだけでよいのです。様々な情報が目に飛び込んできますので、知らず知らずのうちにニュースに強くなります。加えて、学習習慣の形成にも役立ちます。新聞は毎日やって来る媒体ですから、毎日触れることは継続性の獲得につながるのです。

揃える◆

買い物は楽しいので、快楽ホルモンの分泌されます。すると、脳は関連する勉強を楽しい行為だと思いこみます。辞書・参考書などの副教材、筆記用具、ノートなどの文房具はもちろん、キッチンタイマー(テンキー付)などの小道具も揃えましょう。

部屋の片づけ◆

勉強に集中できる環境を作りましょう。ポイントは机に座った時の「視覚的なノイズ」を取り除くこと。人形、ポスター、オーナメント……は集中力の妨げになるおそれがあります。目に入らない場所に移動しましょう。
できれば、整理整頓にも挑戦。持ち物を分類・グループ化しましょう。すると、知識を体系化する能力が身につき、効率よく勉強ができるようにもなります。


(つづく)